私たちの診療の4つの重要なキーワード

最適な不妊治療を行うために
私たちがり組んでいる
4つのキーワードをお話します。

妊娠成立には環境が重要です。妊娠を続けるためのホルモン環境、クオリティの良い卵子形成、 着床しやすい子宮環境、体外受精では最良の培養環境が妊娠成立のキーワードです。 私たちの取り組みを御紹介します。

①ホルモン環境
妊娠成立のためにはホルモンの環境はとても重要です。
女性はエストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンを持っています。月経不順(無月経・無排卵周期症・ 黄体機能不全症)の方はプロゲステロンが足りない環境です。
プロゲステロンは妊娠を維持していくために重要なホルモンで、不妊症の原因になる子宮内膜症・子宮腺筋症・ 子宮筋腫・骨盤内感染の発生を予防します。また、子宮外妊娠の発症にもプロゲステロン不足が関係しています。 正常な月経周期を作り、基礎体温を正常化し、 十分なプロゲステロンの分泌を促すことは不妊症を予防する重要な鍵になります。

[当院の取り組み]
月経不順・黄体機能不全症:排卵誘発剤で排卵を促し、 高温期にプロゲステロンをしっかり補充することから不妊治療は始まります。 体外受精の治療周期では高すぎるエストロゲン(取れた卵の数と比例して高くなる)に対して、 胚移植後にエストロゲンの量に匹敵する十分な量のプロゲステロン補充が必要です。 治療を少し休もうと考えているときには月経周期を整えるカウフマン療法(低用量ピル、 注射によるホルモン補充療法)でプロゲステロンを補充することをお勧めします。

②卵巣の環境
詠田院長のライフワーク研究テーマが「卵巣血流」です。血液は栄養や酸素を卵子に運ぶ役目を担っています。 卵巣の血流低下は卵のクオリティを低下させる重要な因子です。
われわれの研究では、加齢、 卵巣手術や子宮内膜症による卵巣周囲の癒着、血流が低下する状態(高血圧症、高脂血症、抗核抗体陽性)、 卵巣のう腫や多嚢胞性卵巣症候群での卵巣内圧の上昇などが卵巣血流低下の重要な因子であることが判明しました (2002年10月日本受精着床学会シンポジウム発表)。
体外受精を繰り返してもこの問題は解決しません。 体外受精を行う前に血流改善の治療を行うことでクオリティの良い卵子を得ることができます。

[当院の取り組み]
子宮内膜症が原因で卵巣に癒着を起こしている方は内膜症薬物療法を行ってから採卵すると癒着が改善し 良質の卵子が得られます。
卵巣内膜症性嚢胞ではできる限り卵巣の手術は避け、内容吸引・アルコール固定術を行っています。
高血圧症、高脂血症、抗核抗体陽性では血液の流れを良くする内科的な薬物療法を行います。
加齢、卵巣手術後の卵巣周囲癒着、原因不明の血流低下では、薬物療法+レーザー照射療法で血管を拡張し、 血流改善後に体外受精を行うと卵のクオリティが改善されます。

③子宮の環境
卵子が着床する子宮環境は妊娠成立にやはり重要な因子です。子宮の着床環境の診断は、内診・超音波検査・ 子宮卵管造影での子宮形態検査で行います。
子宮腺筋症は子宮内膜の血流を低下させ、薄い内膜発生の原因になります。 粘膜下筋腫も着床障害を起こします。抗核抗体陽性、抗カルジオリピン抗体陽性も着床障害の要因です。

[当院の取り組み]
子宮腺筋症の治療にはボンゾール(ダナゾール)療法や低用量ピル療法が有効で、 4~6ヶ月の治療後胚移植をおこないます。抗核抗体陽性、 抗カルジオリピン抗体陽性では低用量アスピリン療法を併用しながら胚移植を行います。 体外受精の採卵周期はエストロゲンが高く着床には適していません。エストロゲンが4000pg/ml以上、 子宮内膜が8mm以下では、胚移植を取りやめ全胚凍結を積極的に進めています。当院の胚凍結技術は高く、 胚を凍結しても質が低下することはありません。

④培養環境
詠田院長のもうひとつ取り組んできた研究テーマが「培養環境」です。
1989年から培養系のエンドトキシンを中心に研究を続けてきました。 体外受精や顕微授精で採取した卵を体内と同じ環境で体外で育てること、 これが体外受精を行う施設の義務であると考えています。
培養室の設計、胚培養に使用する器具、胚を保存する培養液、培養器(インキュベーター)の温度や気相、 エンブリオロジストの技術、すべてが培養環境です。 すべての状態が常に一定に最高の状況で持続することが体外受精治療を成功に導く鍵になります。 確かな技術を提供する。これが私たちの求める医療です。体外受精から、顕微授精や胚凍結といった高度な技術まで、 すべてにおいて完成された確かな技術を提供します。