研究活動(教育講演・シンポジウム発表) 2014年

学会での教育講演やシンポジウム発表は、当クリニックで力を入れてきた研究や成果の総集編です。当クリニックで行われている疫学研究について公開します。

学会 2014年
2014/12/4~5 第59回日本生殖医学会学術講演会@東京

● 副院長:本庄 考
超音波診断法を用いた凍結融解胚移植(cryo-ET)周期における子宮筋層後壁厚と妊娠転帰の検討
● 培養部長:泊 博幸
ヒト胚の体外培養における細胞外(培地)至適pHの検討
● 医師:西村 佳与子
ART施設でのoncofertilityの現況;当院での経験から

2014/11/16 月経痛と不妊症Fineまつり@福岡

● 院長:詠田 由美
生理痛と不妊症

2014/10/18~22 American Society for Reproductive Medicine 70th Annual Meeting@ハワイ

● H. Tomari
EFFECT OF EMBRYO GLUE TRANSFER MEDIUM DURING FRESH AND FROZEN-THAWED EMBRYO TRANSFER
● H. Tomari
RELATIONSHIP BETWEEN THE MEIOTIC SPINDLE SIZE IN HUMAN OOCYTES AND EMBRYO DEVELOPMENTAL POTENTIAL AFTER INTRACYTOPLASMIC SPERM INJECTION

2014/9/25 朝倉地域生涯学習センタ―@福岡県朝倉市

● 副院長:本庄 考
男女共同参画セミナー「知っておきたい妊娠・出産と身体の仕組み~大切な身体への思いやり~」

2014/9/13~14 第17回日本IVF学会@大阪

● 副院長:本庄 考
超音波診断法を用いた凍結融解胚移植(cryo-ET)周期における子宮筋層後壁厚と妊娠転帰の検討
● 医師:西村 佳与子
ART施設でのoncofertilityの現況;当院での経験から
● 培養部長:泊 博幸
MII期における紡錘体面積とICSI後の第一卵割時間を指標とした胚評価法の有用性について

2014/7/31~8/1 第32回日本受精着床学会@東京

● 副院長:本庄 考
超音波診断法を用いた凍結融解胚移植(cryo-ET)周期における子宮筋層厚と妊孕性の検討
● 医師:西村 佳与子
当院におけるoncofertilityの現況
● 培養部長:泊 博幸
分割期胚移植におけるヒアルロン酸含有胚移植用培地の効果について

2014/7/19 第12回日本臨床腫瘍学会学術集会@福岡

● 院長:詠田 由美
ワークショップ8「がん治療と妊孕性温存」ART(生殖補助医療技術)からのアプローチ

2014/6/19 ディナゲスト研究会@福岡

● 副院長:本庄 考
これからの子宮内膜症治療

2014/5/17 第55回日本卵子学会@神戸

● 培養部長:泊 博幸
ポロスコープによる紡錘体形態の情報を科学的に活用する

2014/4/27 第71回九州・沖縄生殖医学会@福岡

● 副院長:本庄 考
凍結融解胚移植(cryo-ET)周期における超音波診断法を用いた子宮筋層厚と妊孕性の検討
● 医師:西村 佳与子
当院におけるoncofertilityの現況
● 培養部長:泊 博幸
MII期における紡錘体面積とICSI後の第一卵割時間を指標とした胚評価法の有用性について
● 培養士:國武 克子
分割期胚移植におけるヒアルロン酸含有胚移植用培地の効果について
● 培養士:早田 瞳
ヒト胚の体外培養における細胞外(培地)至適pHの検討

2014/4/4 ASPIRE@オーストラリア

● H. Tomari
Assessment of human oocyte quality by meiotic spindle size

2014/2/19 鹿児島相良病院講演@鹿児島

● 院長:詠田 由美
鹿児島乳腺セミナー「癌と生殖 生殖補助医療技術(ART)からのアプローチ」

2014/2/1 第13回東海不妊内分泌研究会@静岡

● 院長:詠田 由美
東海不妊研究会教育講演2「子宮内膜症合併不妊症とART」

2014/1/26 第35回エンドメトリオーシス学会@鹿児島

● 院長:詠田 由美
ワークショップ2「思春期月経困難症(生理痛)~患者の将来を見据えた私の対処~」子宮内膜症と不妊症

2014/1/11~12 第19回日本臨床エンブリオロジスト学会@大阪

● 培養部長:泊 博幸
ARTにおける胚移植用培地(Embryo Glue)の効果






当クリニックでは日本産婦人科学会への登録・認証での元、研究活動を行っています。
当院で行われている疫学研究について公開します。
研究対象者が識別される個人情報に関する下記の求めに対する手続は、各研究機関の連絡先までお問い合わせください。
1.保有する個人情報の利用目的の通知
2.個人情報の開示
3.個人情報の内容が事実でない場合の個人情報の訂正、追加、削除
4.規定(利用目的の制限、適切な取得)に違反した場合の個人情報の利用の停止、消去
5.第三者提供の制限に違反した場合の第三者への個人情報の提供の停止
なお、上記1、2で求められた措置をとれない場合、その当該事項及びその理由を説明します。