≪重要≫新型コロナウイルス感染症感染拡大下の対応

令和2年4月1日 日本生殖医学会より「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する日本生殖医学会からの声明」が発表されました。
新型コロナウイルス感染症では未だ治療法が確立していないため妊産婦が感染した場合、治療薬の胎児への影響が不明なため現況での積極的な妊娠を控えるよう通達がありました。
以上をふまえ、当院では現在体外受精治療を行っている患者様には採卵後、胚の凍結保存を推奨いたします。
凍結胚移植・人工授精治療を予定している患者様には一旦延期することをおすすめしますが、患者様の居住地、健康状態、年齢などをふまえて治療継続を個別に検討いたします。
また、来院患者様にはあらためてマスク着用の厳守をお願いいたします。
発熱や体調不良の方は来院を控えお電話にてご連絡ください。

日本生殖医学会の声明
>>http://www.jsrm.or.jp/announce/187.pdf

お知らせ一覧